平日を1秒も無駄にしなくなった話【生産性が簡単に高まる自己投資法】P.1

こあらいふ

最近、こあままから、「平日の生活がものすごくストイックだよね。」と言われて、自己肯定感が高まっているこあぱぱです。
今回は、「私の生活をノートにしたら、誰かのためになるかもしれない!」と思い立ち、このページを書くことにしました。

 

”ものすごくストイック”と言われましたが、十分に睡眠時間はとれています。毎日7時間寝ています。

寧ろ、1年前は、日中の会議中に気絶していることが多々あり、よく怒られていました。
今は、会議中に寝ている人がいないかチェックするような立場です(笑)

 

こんなお悩みをお持ちの方へ

 

多忙感の多い先生方や、社会人の方、受験生・大学生でとにかく生産性を上げたい方。
平日を無駄に過ごさないことで、自分磨きや自己投資をしたい方。
仕事以外のスキルを身につけるために、自分の時間を確保したい方。
上記の方々でこんな悩みを持っている方は、必読です!
平日は、疲れてしまって自分の時間が取れずに困っている。
✓このページから学べること
平日を1秒も無駄にしなくなり、最低でも2時間、未来の自分のために時間を使えるようになります。
☆長文になります。是非、目次を有効活用して下さいね☆
すぐに方法が知りたい方はこちら

実際にどんな生活をしているのか

現在の私は、勤務時間が最短で10時間(6:30~16:30ですが、16:30に帰れるのは週に2日くらいです。)

通勤時間は往復2時間以上。睡眠時間は7時間です。

それでも、未来の自分のために最低4時間プレゼント(自己投資)をすることができています。(平均は5時間程自己投資しています。)嘘のように聞こえるかと思いますが、自己投資がめちゃくちゃ楽しいので、平均5時間も自己投資をすることができています。

 

この”未来の自分のために時間をプレゼントをする”という考え方は、あの百獣の王で有名な武井壮さんによるものです。武井さんも一日の終わり、2時間必ず自分のためにプレゼント(勉強やトレーニング)をしていたそうです。

 

大学生のときにこの考え方に出会い、自分もやってみようと思ったのですが、何年経っても上手くいかず、自己肯定感が下がっていく一方でした。

 

今の自分の領域にたどり着くまでに、とにかく試行錯誤しました。時間術の書籍を5冊読み込んでも全然上手くいかなかったのですが、この読書で仕事を早くするスキルは身に付きました。残業はほとんどしません。

後は、日常生活における生産性を高めるために、
西野亮廣さん、中田敦彦さん、DaiGoさん、真子就有さん(マコなり社長)、
坂内学(マナブ)さん、ぺそさん(ハック大学)、サラタメさん、
という方々の動画(YouTube)を3か月以上、毎日欠かさず視聴し、計100本以上の動画のアウトプットを”OneNote”というソフトに書きました。
有名な方々の最強のノウハウをまとめた、一般人の私でも時間を生み出せた方法です。

 

前置きがとても長くなりました。では、本題に入りましょう!

 

平日を1秒も無駄にしなくなる方法

ズバリ、自分が「無駄にしているなあ。」と思う時間を排除する。

これに尽きます。これをするしか方法はありません。

それができないんだよ!!

 

とお叱りの声が聞こえてきそうです。ご安心ください。
無駄な時間を排除するテクニックをしっかりとご紹介します。

 

その前に、1つ、ワークをやってみましょう。

 

みなさんも平日に無駄な時間を使っていないか考え出してみてください。

スマホの方は、一度画面を消して考えてみましょう。
パソコンの型は、ノートやメモ帳に切り替えてみてください。

無駄な時間は考え出せましたか?

 

 

 

 

恐らく大半の方は、特に何も考えずに先に読み進めているのではないでしょうか。

それが時間を無駄にしている原因の1つです。

 

時間を無駄にしたくない!

と強く思ったのならば、すぐに行動をしなくてはなりません。後回しにする癖があると、平日という時間を無駄に過ごしてしまいます。行動力が何より大切なのです。

 

多くの場合、休日よりも平日の方が日数は多いですよね。

ということは、平日に積み重ねが出来る方が、休日に一夜漬けのように積み重ねるよりも、圧倒的に力になります。うさぎよりも亀の方が高い成果を出すのです。

 

しっかりと自分の無駄な時間を考えてから読み進めた方や、「自分の無駄な時間を探すよりも、まずは具体的な方法から知りたい!」と思い立ち、先に進んだ方は、ご安心ください。行動力があるので、絶対に変われると断言できます。

 

何も考えずに読み進めていた方も、大丈夫です。

今、無駄な時間は何かを考えればいいんです。行動することが大切です。

 

それでも今は、考えるのが億劫であったり、お昼休み等でこのページをご覧になってくださっていて、じっくりと考えている時間が無かったりする人は、是非、このページを読み終えた後に考えてみてください。無駄な時間を排除するためには、まずは、自分自身の無駄を知ることから始まります。

 

まずは、無駄にしているなあと思う時間は何かを見つけ出すことから始めましょう。

無駄な時間を無くす具体的な方法

全部で3つあります。

方法1:無駄が発生しないようなシステム作りを行う。(自律に頼らない)
方法2:勤務時間の2~3時間前に起床する。(これがメインです。)
方法3:無駄な時間を自己投資の時間に変える。(通勤時間で自己投資)

 

1つずつ解説し、さらに具体策を定時していきますね。

方法1:無駄が発生しないようなシステム作りを行う。(理性に頼らない)

”無駄な時間を生み出すもの”を自分の生活から排除しましょう。

無駄な時間を生み出すものが、近くになければ無駄な時間は訪れません。テレビがすぐそこにあるからテレビを観てしまうのです。スマホがあるからSNSや動画等に時間を使うのです。

 

人には、天使と悪魔のような対になる2つの人格があります。
それは、本能と理性です。

本能は、猛獣で、理性は猛獣を飼い慣らす猛獣使いです。

 

猛獣使いが優秀であればあるほど、猛獣を抑えることができますが、私の場合、猛獣の方が激しく、猛獣使いでは歯がたちません。猛獣>猛獣使いです。

特に仕事中は、この猛獣(本能)を全力で抑えています。
無理やりおさえていると、仕事終了後に、とにかく猛獣が暴れだします。

 

帰りの電車やバスでYouTube等を見ない。

と猛獣使い(理性)が決めても、

 

動画を見たい!見せろ!!

わあああああああああああ(死亡)

 

というような感じで猛獣(本能)が勝ってしまい、呆気なく動画を視聴してしまうのです。

 

私が過ごしていた無駄な時間

・テレビ番組の視聴
・ゲーム
・YouTubeのエンターテイメント(実況動画等)
・目的の無いネットサーフィン
・購入意欲も無いのにメルカリやAmazonを見る。
・目的もなくFacebookを見る。そこから気になった話題についてさらに詳しくGoogleで調べる。

 

仕事以外の時間は、上記のどれかを必ずやってました。時間を無駄にしているという感覚もなく、ただただ楽しんでいました。時間の浪費です。今にして思うと、本当に勿体無かった……。

 

今の私は、

・テレビは1年に1度しか見ない。
・ゲームは、一切やらなくなった。
・YouTubeは勉強用(ビジネス・自己啓発等)
・ネットは、辞書のように使う。
・メルカリやAmazon、Facebookは目的がないときは見なくなった。

このようになりました。どのようにして今の私になることができたのかを、具体策で紹介していきますね。

具体策1 ネット依存からの脱却

 

スマホがアンドロイドならば、”電源ON・OFF機能”か”フォーカスモード”を設定する。

 

気づけば、スマホを使用している方へ朗報です。
この機能を使うだけで、今日からスマホいじりは一切なくなります。

 

手元にスマホがあり、いつでも小休止をはさむことができる便利な世の中になってしまった弊害として、世界中の生産性が落ちているのではないかとボクは思います。
スマホは、便利すぎます。秒速で最高の娯楽タイムを得られますから。

 

そこで、本能のまま秒速で娯楽に走らないように、本能が発動しないようなシステムが大切になります。

「この時間は、絶対にスマホを触りたくない。」と決めて、後はスマホに電源を落としてもらいましょう。

 

また、最近のスマホ(ボクは、OPPO renoAという3万円の激安スマホ)には、フォーカスモードというものもあります。何時から何時までは、自分が指定してアプリ以外は使えないようにする機能です。

内容を入力してくはっきりいって、この機能、最強です。

スマホって、つい何も考えずにロックの解除を促してきて、アプリを起動させてくる悪魔なんですよね。こちらの猛獣をとにかく興奮させる赤いマントのようです。

メルカリだ!YouTubeだ!SNSだ!

 

そこで、フォーカスモードを使用しておけば、ふとメルカリをタッチしてしまったときに「このアプリは一時的に使用できません。」とお知らせが来て、止めてくれます。

そして「いかんいかん。」と思い直すことができるのです。

 

人は、物事始めるまでに30秒以上準備がかかるとなると、準備途中の段階で、「やめておこうかな。」と思い直すことができるそうですよ。

 

自分って想像以上に、無意識に適当なアプリを開く癖があったんだなあ。と学びになります。

 

電源ON・OFFタイマーやフォーカスモードを使うことで、本能を食い止めるシステム作りに努めましょう。

 

具体策2 スマホ依存からの脱却

スマホの電話以外の通知も全てオフにしましょう。

これ、なかなか勇気がいります。特にLINEやGmailの通知を切ってからの3日間は、動悸が止まりません。スマホをもつのも怖くなります。

私は、いきなり全ての通知を切ることが出来ず、まずはLINEとGmail以外の通知を切るようにしました。それだけでも、かなり生産性が高まるようになりました。

 

メルカリからのお知らせや、Googleニュースの通知をふと見るとどうしても見ちゃうんですよね。そして気が付けば、半永久的にネットサーフィンを始めています。これをどうにかしたかった。

勇気をもって通知を切ってよかったです

通知を切る勇気をもつことができ、動悸が減ってきたらLINEとGmail等のメッセージアプリの通知も切ります。これも、いきなり全ての通知は切る勇気をもてなかったので、

友人→職場→家族

 

という順番で通知を切りました。

アカウント名に(通知がこないので、緊急時電話ください)と付け足すと、
相手から咎められることはないです。家族にも、通知を切る理由を素直に伝えましょう。

 

これ、実践をすると分かるのですが、一気に生産性が高まります。いかに自分がスマホに支配されていたのかに気づくことができるからです。

これまでのボクは、スマホの通知によって、スマホを触っていました。
要するにスマホが主体なんですよね。自分は受け身。通知によって本能が暴れ出す

対して、通知を切ることによって、自分が見ようと決めた時にだけスマホを触るようになります。
まさに自分が主体。スマホを支配しているのです。

 

余談ですが、メッセージ等の通知から得られる快感量は(ドーパミンという物質)麻薬に依存している人と同じと言われています。「返事まだかな……。あ!来た!」この瞬間が麻薬と同等の快楽があるそうです。自分は、そんなことないと思っていたのですが、通知を切って初めてスマホに依存していたのだと気付くことができました。

 

具体策3 テレビ依存からの脱却

テレビのコンセントやアンテナのコードを外しましょう。

テレビをだらだらとみてしまう人は、今すぐコンセントやアンテナのコードを外してきてください。

 

 

 

 

外してきましたか?大切なのは行動力ですよ。

この2つが外れていることで、よっぽどの本能でなければ、テレビを点けるまでには至りません。具体策1のスマホのフォーカスモードを使うのと同じ原理です。

 

因みに、リモコンの電池を抜くのも効果的です。気付けば、いつもリモコンに手を伸ばしている方は、是非電池を抜いておきましょう。テレビに依存していればしているほど、「あ、無意識にリモコン触ってた!」と驚きがあることでしょう。

 

方法2:朝を制する(これがメインです)

 

朝を制するために勤務時間の2~3時間前に起床しましょう。

朝起きてから2〜3時間は、脳のゴールデンタイムと言われています。1日の中で最もパフォーマンスが高いのです。

個人的な感覚ですが、締切に追われ必死に作業に取り組む時と同等の力が発揮されます。

仕事終わりは、寝ることや家族と過ごすこと以外は考えない方がいいです。

夜に近づけば近づく程、猛獣は凶暴になります。ですから、夜に自己投資の時間をもっていくと高確率で挫折します
娯楽よりも自己投資の方が楽しいと思える領域になってから、夜にも自己投資をすると決める方がいいです。

具体策1:必ず早起きする方法

スマホを別室に置いて、アラームをセットしましょう。アラーム音は、ラジオ体操か自分の名前を呼んでいるものをセット。

 

これが1番最強です。これを使って、決めた時間に起きることが出来なかったら教えていただきたいくらい、みんな起きられます。

さらに”Alarm Clock”というアプリで、
スヌーズにならないように設定し、計算等を解かないとアラームが解除ができないようにするとより起きることができます。超おすすめアプリです。

 

起床に関することだけでも1つのページになるくらいのボリュームなので、他の起床方法については、別のページで紹介させていただきますね。アラーム音がラジオ体操であったり、自分の名前を呼ぶ声にしたりするとよい理由も解説します。

 

 

スマホを別室に置くことで、体を強制的に動かし、目覚めることが出来ます。

具体策2:気持ちよく起床をするためにできること

 

睡眠の質を良くしましょう。

朝をとにかく気持ちよく起きるためにはこれに尽きます。

 

具体策1は、

寝たい!!!

という猛獣を抑え込む手段、いわば猛獣使いの鞭のようなものです

 

睡眠に関する情報は、とにかく散漫しているため、調べれば調べる程よく分からなくなります。

おすすめの情報先は、中田敦彦さんと真子就有さんの睡眠に関する動画が分かりやすく、すぐに実践できます。

また、ボクと妻が実践している方法を別のページでも詳しく紹介しますので興味がある方は開いてみて下さい。

 

具体的な商品等も紹介します。人生を一気に変える商品だけでもご覧ください。
睡眠の質を上げるために、これだけは絶対に伝えたいことは、
寝る90分前に、スマホを機内モード等にして、36-39度のぬるま湯に15分浸かります。これを実施するだけで睡眠の質が爆上がりです。

方法3:無駄な時間を自己投資の時間に変える。(通勤時間で自己投資)

私は、通勤が往復2時間以上という無駄な時間を自己投資の時間にしています。

 

具体的には、

家から駅までランニングをする。
電車の中では、アプリを使って、とにかく英語の勉強をする。
歩きながら通勤をしているときもシャドーイング(英語勉強法)を実施。

通勤時間を完璧に自己投資の時間にすることができています。

因みに、雨の日でも、家から駅までの区間は、絶対にランニングしています。
1日たりとも休んだことはないです。やらないと気持ち悪いと思ってしまう脳になってしまいました。歯磨きと同じレベルの習慣です。

 

 

みなさんに無駄な時間は何かと言うのを考えてもらったのは、この方法3で必要な情報になるからです。みなさんにとっての無駄な時間を、自己投資の時間に変えていきましょう。

具体策1:通勤時間で読書や勉強をする。

 

通勤が電車の方は、かなりラッキーです。車と違って、手が空くので自由に自己投資がしやすいです。

 

満員電車や車通勤で手が空かないという方は、

・YouTubeのセミナー動画
・Amazonのオーディブル
・Voicyという音声メディア

とにかくおすすめです。今は、耳だけで十分に自己投資ができる時代です。是非、通勤時間をフルに活用してみてください。帰りの通勤で自己投資ができるようになれば、本能(猛獣)を飼い馴らす一流の自己投資家です。

具体策2:娯楽タイムを全て、チャレンジしたいことに変える。

断言します。平日に娯楽タイムは必要ありません

・今日は、さすがに疲れたから帰りの電車で動画を観よう。
・頑張ったご褒美に帰りに寄り道をして帰ろう!
・金曜日で、明日は休みだし、今日の夜は、遅くまでゲームするぞ!

これは、過去の私です。

 

今の私からすると、

 

「ご褒美ってなんやねん!!!」
「疲れたら動画見ていいってどういうこと!!」

と突っ込みどころが満載ですね。でも当時の私は、それがストレスの解消になると信じ、正義の行動だと思っていました。

しかし、もう一度断言します。平日に娯楽タイムは必要ありません!

そんなものが無くても、自己投資で十分ストレスが解消されますし、
平日に娯楽が無い方が、より土日の楽しみが増します。

「人は、やらなくていい理由を見つける天才」
という、林修先生の言葉があります。まさにその通りです。
人はサボる天才です。

そのことを念頭に入れ、娯楽タイムを、すべてチャレンジをする時間にしてみてください
やったことのないことを継続して行うのは、非常に楽しいものです。娯楽よりも遥かにストレスが解消されますし、時間を有効に使えているように感じられ、自己肯定感も高まります。

 

今の私は、

・動画を視聴していた時間は、英語アプリで勉強する。
・寄り道をしていた時間は、ランニングの記録を計る時間に。
・金曜日の夜こそ、早く寝て、平日よりも早く休日は起きる時間に。

このように娯楽タイムを自己投資の時間に置き換えました。

 

無駄な時間を全て、自己投資の時間にしちゃいましょう。

最後に

お金は浪費しないように気を付ける人は大半です。しかし、時間を簡単に浪費する人が9割です。お金と違って、時間はどう頑張っても返ってくることはありません。生まれた瞬間から、ずっと減っていく一方です。

 

どんなに偉大な成功を収め、お金をいくら支払ってもいいと考えている人でも、時間を手にすることは不可能です。

ゲームをすることや自分の好きなことに時間を使うということがあなたの人生にとって最高ならば、そちらを選択することも間違いではありません。私もゲームや動画が大好きですからよく分かります。

 

しかし、子どもの頃に「どうしてこんなカードゲームにお金をいっぱい使ってしまったんだ……。」と後悔する人が多いように、ゲーム等に時間を費やしていたことを悔やむ日がいつか来るかもしれないということも頭の片隅に入れていてほしいのです。

とはいっても、自己投資をしている現在のことを悔やむような日が、いずれ来るかも分かりません。

1つだけ確かなことは、自己投資を続けることが出来た根気強い自分は、どんな困難にも立ち向かうための強い財産になることでしょう。ぜひ、みなさんの生活の中で取り入れてみたいと思ったことがあればやってみてくださいね。

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。このページが少しでも皆様のお役に立てますように。

お読みいただいて「他の人にも紹介したい。」という方は、是非、シェアやコメントをして頂けると嬉しいです。ご意見・ご質問等もお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました