【感情に流される方へ】人間だけがもつ力で解決!7つの習慣徹底解説P.17

こあらいふ
こんなお悩みをお持ちの方へ
  • 7つの習慣を読んでみたけど、難しくて断念した
  • 感情に流される自分が嫌だ
  • 人生を変えたい
✓このページから学べること
  • 7つの習慣の原理原則について分かる
  • 人がもつ特別な能力について知り、感情に流されなくなる
  • 今日からすぐに人生を変える方法
おはにちばんは!保育園&小学校&塾講師&学童保育経験者のこあです!
大人の幸せ=子どもの幸せ

 

普段は子育てをメインにしていますが、あなた自身が幸せに生きるために7つの習慣の解説シリーズです。

今回は、感情や本能に流されなくなる・流されにくくなる方法についてまとめます。

 

 

関連記事>>>周りに腹立つ方へ、8歳ができたストレスを人生から無くす7つの習慣P.16

あなたにおすすめのページです

感情や本能に流されなくなる人間の力

 

私たち人間には、他の生き物には無い4つの力が存在します。

 

私たちしか使えない技……何だか魅力的な響きです。

 

この力を使うことで、感情や本能に流されなくなります。

  • 自己認識:自分を俯瞰する力
  • 良心:善悪の判断が出来る力
  • 想像力:新しい可能性を描く力
  • 意志の力:自分で選ぶ力

どの力も大切なのですが、ここではあえて1つに絞って解説をします。

残りの3つの力についても詳しく知りたい方は人間だけがもつ4つの力徹底解説(10月8日公開予定)

 

みなさんに最も覚えていただきたいのは、”意志の力”です。

私たちには、自分であらゆることを選ぶ力があります。
対して動物たちには、自分で選ぶ力は無く、感情や本能のまま行動をします

  • 太りたくないからご飯を食べるのは今日は止めよう。
  • 眠いけど、仕事をしっかり行おう。

こんなことができるのは、私たち人間だけです。

 

犬も猫も、お腹が空いたら満腹になるまで食べます。眠くなったら寝ます。
感情や本能に従うことしか彼らにはできないからです

生まれたての赤ちゃんも同じです。

 

 

親を困らせないように、泣かなかったり、起きてたりする子なんて存在しません。
親が寝不足だろうが、何だろうが、自分の感情や本能に従って、力いっぱいに泣きます。

 

しかし、次第に意志の力を身につけるようになり、我慢ができるようになります

お腹が空いても親が忙しそうなら、「今はご飯を要求するのはやめとこう。」という選択ができるようになるのです。

 

つまり、

成長に応じて意志の力は磨かれるということ
そして意志の力を磨くには、使い続けることが大切になります。

多くの大人が、「やりたくない!」「好きなことだけをしていたい!」という感情や本能を抑えながら仕事などに励むことができるのは、意志の力をもっているから。「自分勝手はダメだ。しっかりと仕事をしよう。」という選択をしているのです。

 

因みに自殺をする生き物は、私たち人間だけです。他の動物は「生き抜く」という本能に従っているわけですから、自殺をするという選択はしません。(種の繁栄のために、オスが自らメスに捕食されるという生き物はいます。厳密に言えば、それは自殺ではないです。)
私たち人間にしかない意志の力を使うことで、感情や本能に流されなくなる

あなたの反応はあなたが決められる

あらゆる【出来事】に対して【反応】するまでに、必ず【間】が存在します

この【間】を意志の力によって【反応】を選択することが私たちにはできます。

 

 

???

 

 

抽象的すぎて分かりづらいと思うので、もうすこし分かりやすくすると、

殴られる【出来事】→【間】→「痛い!」と言う【反応】

殴られてから「痛い!」と言うまでに、意志の力を発動する”間”が存在するということです。

本当は痛いと言わないという選択もできるということです。

 

因みに痛い思いをしているのにも関わらず、「痛い!」とあえて言わない人が世の中にはいます。【言わないという反応】を選択する人がいるということです。

例えば、ボクサーです。彼らはこんな風に出来事と反応の【間】の時間を使っています。

殴られる【出来事】→「痛いなんて悲鳴を上げている場合じゃない、カウンターを決めよう」【間】→カウンターを決める【反応】

ボクサー出来事から反応までの【間】にこのように思考し、自分の意志の力を利用しているというわけです。 

 

因みに殴られて、キレてしまう人の場合は、

殴られる【出来事】→【あったまきた!やり返してやる!!!】→キレる【反応】

このように【出来事】と【反応】までの【間】の時間を過ごしています。
つまり、この【間】の時間を意志の力で制することが出来たら、もう、怖いものは無いということです。

意志の力を鍛えれば鍛えるほど、理不尽な【出来事】に対して、意志の力で”理不尽だと思わない”という選択を行い、適切な【反応】をすることができるようになる。

意志の力を磨く具体的な方法

 

私が意志の力を磨くために行った行動を全部で3つ紹介します。

自分との約束を紙に書き、破ったら死ぬくらいの気持ちで守る

これを一番実行してもらいたいです。

もうこれだけで人生って大きく変わるよねっていうくらい重要です。

ですから、もう一度、

 

自分との約束を紙に書き、破ったら死ぬくらいの気持ちで守る

 

人は、自分との約束を守り通すことで、確固たる意志を手にします。
どんな出来事があっても、自分の強い意志で最善だと思える行動を実行することができるようになります。

些細な約束でも破ってはいけません。

決めたことは必ず実行するのです。

できたらいいなじゃなくて、できるまでやるのです。

朝決めたことでも、夜には忘れてしまうので、
自分が必ず寝る前に目を通すところ(トイレや洗面所等)に、紙に書いた約束を貼っておくことで、忘れることを封じることができます。

今、私が私と約束をしているのは、

  • 毎日、こあのーとを更新する
  • 毎朝3時前に起床する
  • お菓子を買わない
  • 毎日、欠かさず自分の良いところを10個書く
  • トレーニングを30分以上する
  • 絶対に悪口を言わない(言いそうになった場合、3つ良いところを挙げる)
  • 論理的思考力を鍛える

他にもありますが、こんな感じです。これを守れている自分に自信にもなります。

関連記事>>>自分との約束を本気で守りたい方へ(10月11日公開予定)
関連記事>>>自分との約束を強制的に守る方法(10月12日公開予定)

自分の性格や行動の原因を環境のせいにしない

 

私の口癖は、

親に全てのことを決めつけられて育てられたから、優柔不断な受け身な性格になったんだ。

でした。全部親のせいにすることで、今の状況を変えなくていいやと逃げていたのです。

 

私、とにかく優柔不断です。自分で物事を決められません。そんな自分が嫌で嫌で仕方が無かったので、全部親のせいにしていた時期がありました。

 

このままではいけないと7つの習慣を読み、
なかなか物事を決められないときに親のせいにすることを完全にやめることを決意しました。

というより、

そもそもあらゆることに対して、人や環境のせいにするのをやめました。

人や環境のせいにすれば人生がものすごく楽になります。自分のことが全て正当化されますから。

 

  • 仕事のミスは、環境が悪い
  • 上手くいかないのは、周りが動かないからだ

 

自分を正当化していれば、何も怖くありません。しかし、それと同時に、一切の成長チャンスを逃します。

自分や人生を今すぐに変えたい・つらい方へ、8歳の子ができた7つの習慣でも紹介した自分に原因が無いかを考えるインサイド・アウトをし続けることで、あらゆる問題に対する解決方法を考え出すようになりました。

自分の行動を自覚し記録する

人間も動物ですから、意志の力を使わずに、感情や本能に任せて【反応】するのは当然です

大切なのは、「あ、今のは、感情的になってたな。」と自覚をし、修正しようとすること。

私は、感情的に怒ってしまったり、反射的に反応していたりしたときには、必ず記録をしています。

 

怒らない子育てで子どもも親も幸せに!ムカつかない心・体の作り方でも紹介した、アンガーログのように記録をし続けています。

こうすることで、自分が感情的になるポイントに気づくことができます。

私は、

自分の理想通りに物事が上手くいかなかったときに、かなりの怒りを感じている傾向がある

と分かりました。ですから、理想を”最高”と”最低限”の2つに分けるようにしています。”最高”の理想まで到達できなくても”最低限”の理想にたどり着いていたらOK!というように行動を変えたのです。

最後に

今回は、感情に流されなくなる・流されにくくなる方法についてまとめました。

  • 私たち人間にしかない意志の力を使うことで、感情や本能に流されなくなる
  • 間を使いこなす
  • 自分との約束を紙に書き、破ったら死ぬくらいの気持ちで守る
  • 自分の性格や行動の原因を環境のせいにしない
  • 自分の行動を自覚し記録する

最後までお読み下さりありがとうございました。このページが少しでも皆様のお役に立てますように。

お読みいただいて「他の人にも紹介したい。」という方は、是非、シェアやコメントをして頂けると嬉しいです。ご意見・ご質問等もお待ちしております。

関連ページ>>>自分や人生を今すぐに変えたい・つらい方へ、8歳の子ができた7つの習慣P.15

あなたにおすすめのページです
読書が中々できない方におすすめ。長くても1時間あれば読めます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました