お金の正しい使い方。節約生活から脱却したら人生が大きく変わったP.9

お金の使い方
こんなお悩みをお持ちの方へ
もっと人生を楽しく過ごしたい。
節約をした方がいいかどうか迷っている。
お金の使い方に困っている。
✓このページから学べること
人生を楽しくするお金の使い方が分かる。

 

月額の生活費(食費と光熱費)が10000円以下の超節約生活を半年間続けた私が紹介します。

参考までに
光熱費が約2500円以下(電気700円以下水道1100円以下ガス800円以下)
食費は7500円以下(平日300円以下、休日50円以下)
私の身の上話から始めるので、結論だけをすぐに知りたい方はこちら

 お金を使う?何それ?美味しいの?

社会人3年目を過ぎるまで、お金を使うことがとにかく嫌いでした。

お金を使うと自分から資産が無くなって行くような感覚になるんですよね。
ですから、生まれてこの方、金欠という状態になったことがありません。

周りの友達は、すぐ金欠状態になるので、よく生きてられるなって思っていました。

 

金欠と無縁な生活を送るくらいに、お金を使うことに拒絶反応を起こしていたんです。

 

物を奮発した後の1ヶ月は、「本当に買って良かったのかな?」
と不安になり、自分の買い物が間違っていなかったかを確認するために、その商品のレビュー欄を見返し、高い評価であることを知ることで安心を得ていました。

 

因みに100円以上の買い物をするときは、動悸が止まらないです。
「この100円を本当に使っていいの?無くて困らない?」と自問自答するんですよね。

今思うと、とにかく生きづらい人だなあと。

そして、節約生活にのめり込む。

 

一人暮らしを始めてから、とにかく節約にのめり込みました。

冒頭でもあるように、井戸水でもソーラーパネルでも無い環境で、ここまで光熱費を抑えられるのはなかなか珍しいと思います。

 

詳しい節約生活については、このページをご覧下さい。節約生活を推奨していませんが、経験してみるのはアリだと思っています。

 

「 お金は使え」という考え方を徐々に理解し始める

 

「お金は使え」という言葉を時折、耳にしたり、目にしたりする機会がありました。当時の私からすれば、正直意味が分からない言葉です。

お金を貯めたいのにお金を使ってどうするの?浴槽にお湯を貯めたいのに、栓を抜くのと同じでは?

そんな風に批判していました。

 

しかし、社会人になってから「自分って大したことないんだな。」と思う機会が増えました。
もっと優れた人になりたいという漠然とした思いを元に、自分磨きに勤しむようになります。そして、自分の勉強のためにお金を使うことに段々抵抗が無くなってきました。

読書や、勉強会、サークル、セミナーにお金を使って学ぶと、お金を払った分だけしっかりと元を取らなきゃという思考になるんですよね。

このときくらいから、自己投資という概念をもち、「お金を使え」という考え方を徐々に理解し始めました

お金は使った方がいいと納得し始める。

お金を使うことで快適な生活ができ、ストレスが軽減されます。

先に謝ります。先輩方、ごめんなさい。今はもう、先輩方の考えがよく分かります。

 

いきなりの謝罪、すみませんでした。さて、本題です。

私は、職場等で、年上の先輩からご飯に誘われ、ご馳走になることがよくありました。
その先輩たちが口を揃えて言うのは、「いつか、後輩が出来たら、ご馳走してあげて。」です。

尊敬する先輩たちには、申し訳ありませんが、

 

「いや、それは無いな……。」

 

と内心思っていました。外食にさえ強い抵抗があるので、自分が食事をするときは、そのお店の一番安いものを頼むくらいですから。
※パスタ専門店では、パスタではなく、フォカッチャ(パン、約200円)だけを頼んで食べていました。

先輩たちとご飯に行くと、食べたいものを注文するのではなく”高くないもの”を選んで注文していました。先輩たちに高いものをご馳走になることが嫌だったからです。

 

それくらいお金を使うことに抵抗があるので、後輩と食事へ行って、安いものを注文することを避け、そして二人分支払うということを正直考えられなかったです。

 

長くなりましたが、そんな私がお金を使うことに納得し始めたのは、家族が出来てからです。のとくん(息子)が誕生するって分かったときくらいからかな。

 

夏はサバンナ、冬は北極の我が家に、エアコンを導入し、部屋の環境を整えることを始めて行いました。

とにかく快適でした。電気代をずっと心配していましたが、そこは考えず、何週間もつけっぱなしで過ごしました。正直、こんなに快適に家で過ごせたのは初めてのことでした。

「あ、お金って使った方がいいんだ。」と思い始めます。

便利だと思われるベビーグッズもどんどん買いました。そうすることで、ストレスが軽減され、家族と過ごすときに笑顔でいられたのです。

 

お金を使うことで、ストレスが減り、家族と笑顔で過ごせるなら、使わない理由は無い。

お金は、時間や健康を買える

 

メルカリやラクマ等のフリマアプリと命を懸けて、にらめっこする時間が無くなり、時間や健康が増えました。

不思議なことに、人は1円でもいいから安いものを買いたいと思う傾向があります。
同じような商品でも、299円と300円とでは、299円を選択する人が大半なのです。

私も同様で、メルカリで商品を探すときも、10~100円単位で商品を見比べ、必死に値下げ交渉をしていました。とにかく時間を浪費していました。

今は、これが欲しいと思ったら、悩まずにすぐに購入するようにしています。

 

そうすることで

①買えるか買えないかのストレスが無くなる。
②選ぶ時間が無いので、家族と過ごす時間が増える。
③選ぶストレスも無くなる
④夜通し商品のチェックもしないので、生活リズムが崩れない。
⑤悩まない分、商品が手元に早く届くため、すぐに快適な暮らしになる。

こういったメリットを得られました。

 

たった数百円の得を無視することで、かけがえのない時間と健康を無駄にしなくて済むのなら、私は、どんどん即決をして購入した方がいいと思います。

それからドラム式洗濯機もおすすめです。これも、たくさんの時間を手にすることが出来ます。

 

余談ですが、私は、生まれてからずっと、とにかくアトピーに悩まされる日々を過ごしていました。そこで約1年半前に1本で8万1640円する(保険で3割負担になります。)ディピクセントという新薬を試すことにしました。
正直、人生が大きく変わりました。
現在では、1本当たり6万円以下まで薬価が下がっています。毎月、治療費でかなりのお金を使っていますが、幸せに溢れています。
早くから初めて良かったと本当に思っています。
お金は時間と健康を買うことが出来る。そうすることで幸福を手にします。

 

最後に

 

今回は、節約生活非推奨!お金の正しい使い方について紹介しました。

当たり前ですが、浪費や消費という行為は、正しいお金の使い方ではありません。
時間や健康を購入するという意識が大切です。

それから人のためにお金を使うだけでも、幸福な人生になります。

「1万円を自分のために使ったグループ」と「1万円を人のために使ったグループ」
とでは、人のために使った方が、幸福度が高いという研究結果もあります。

募金や飲み物等をご馳走するだけでも効果が大きいそうです。私も上司に栄養ドリンクをプレゼントしたら、すごく幸せな気持ちになりました。

お金を働かさせよ。お金は道具であり、使うものだ。

というこあ格言を残して終わります。

 

最後までお読み下さりありがとうございました。このページが少しでも皆様のお役に立てますように。

お読みいただいて「他の人にも紹介したい。」という方は、是非、シェアやコメントをして頂けると嬉しいです。ご意見・ご質問等もお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました